コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。

サイフォン

よりおいしくコーヒーを入れるための方法、ここでは【サイフォン】をご紹介しています。

フレンチプレス 

サイフォンという上記の画像のような器具を使ってコーヒーをいれることができます。一体感のある器具と、コーヒーを入れる際の演出が美しいです。また、テクニックなしで均一なコーヒーの味を楽しめるというのも魅力の一つです。

おいしいサイフォンコーヒーを入れるための道具、手順

用意する道具 サイフォン
用意するコーヒー豆
・挽き具合 細〜中粗挽き
・焙煎度合 ハイロースト、フルシティロースト
・豆の量 約12〜13g(1杯分)

【1.サイフォンを乾いた布でよく拭く】
サイフォンのフラスコの部分に水滴が残っていると、フラスコが割れてしまう事がありますので、必ず清潔でよく乾いた布でフラスコ部分をよく拭きます。

【2.お湯を入れる】
フラスコに人数分のお湯を入れます。水から沸騰させると長時間加熱する事になり、フラスコにダメージを与えてしまうのでかならずお湯から使いましょう。

【3.火を付ける】
アルコールランプに火を付けフラスコを加熱します。

【4.コーヒー豆をセット】
お湯が沸騰したら、ろ過布とコーヒー豆をセットしたロートをサイフォンにセットします。

【5.ロートのお湯をかき混ぜる】
フラスコ内のお湯が完全にロートに上がってきたら竹べらなどでお湯を混ぜます。この時ロートに当たらない様に気をつけます。ただし完全にお湯が上がってくるまではかき混ぜないようにしましょう。

【6.火を消す】
アルコールランプの火を消します。コーヒーがフラスコ内に完全に落ちるのを確認したら、ロートを外しカップに注いで出来上がり!(消火後、コーヒーがフラスコに落ちて来る目安は大体30秒〜1分。)

コーヒーの美味しい入れ方とそれぞれの特徴

ペーパードリップ
ネルドリップ
サイフォン
フレンチプレス
マキネッタ(直火式エスプレッソ)

 

スポンサーリンク