コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。

コーヒーを飲んでダイエット、カフェインによる脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれているカフェインは、脂肪の代謝を活発にする働きを持っています。高脂肪のメニューが主流となる私達の食生活には、コーヒーは肥満の予防に効果をもたらしてくれる良い飲み物と言えるでしょう。

コーヒーを飲むとダイエットになる?

コーヒーの成分でも説明したとおりコーヒーに含まれている「カフェイン」という成分は脂肪の燃焼をサポートする効果があると言われています。

まず一つが「褐色脂肪細胞の活性化」が挙げられます。褐色脂肪細胞は体温調整つを担う細胞でこれが活性化することで基礎代謝がアップすると言われています。
詳しくは「褐色脂肪細胞とは(用語集)」をご覧ください。

また、脂肪の燃焼をサポートする酵素の働きを高めることで運動時の脂肪燃焼をより多くしてくれるという効果もあります。こちらは運動をする30分くらい前にコーヒーを飲むようにすると良いでしょう。

 

コーヒーダイエットの注意点

注意点は、カフェインの過剰摂取が挙げられます。
たくさんとり過ぎると、ストレスホルモンの生成を増大させ、逆に太りやすい体になるともいわれています。

おおよそ、コーヒーの量は1日に2杯から3杯程度にとどめることた大切です。このくらいであれば太るということはありません。
妊婦さんや授乳中の方にはカフェインの悪影響はさらに大きくなりますので、こうした方はカフェインの摂取自体を控えるべきです。

どうしてもコーヒーが好きという方はデカフェタイプ、タンポポコーヒーのようなノンカフェインタイプの代替飲料を活用しましょう。

 

スポンサーリンク