コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。
≫コーヒーのおいしい飲み方コーヒーの基本>カフェインレスコーヒー(デカフェ)とは

カフェインレスコーヒー(デカフェ)とは

最近では、コーヒーなどに多く含まれているカフェインについて問題と考えてカフェインが含まれていないコーヒー(カフェインレスコーヒー・デカフェ)を好む方も増えているようです。このカフェインレスコーヒーとは一体どのようなコーヒーなのでしょうか?

また、カフェインレスコーヒー(デカフェ)というものは体には悪くないのでしょうか?

【人工的にカフェインを取り除いたコーヒー】
カフェインレスコーヒー(デカフェ)というのは、言い方は悪く感じるかもしれませんが、人工的にコーヒー豆からカフェインを取り除いたものです。

大きく「有機溶媒抽出」「水抽出」「二酸化炭素抽出」の3つの方法があります。

  方法
有機溶媒抽出

有機溶媒を通じてカフェインを抽出する方法。ジクロロメタンなどが用いられます。安価な方法ですが、カフェイン以外の成分質が大きいため、風味が損なわれるということ。また、有機溶媒を使うという点で消費者的な抵抗感がある手法です。
できれば、この方法でつくられたカフェインレスコーヒーは飲みたくないものです。

ちなみに、日本ではこの方法にるデカフェコーヒーの販売は認められていません。ですから、日本で製造・販売されている者に関しては問題ないと言えるでしょう。

水抽出

水を使ってカフェインを含む水溶性成分を抽出し、その中からカフェインのみを抽出。その後、再びカフェインをのぞいた水溶性成分をコーヒー豆に戻すという仕組みです。

二酸化炭素抽出

現在もっとも新しい手法です。二酸化炭素を超臨界二酸化炭素としてその作用によりカフェインを取り除くというものです。

風味や味も水抽出のこれまでのデカフェ(カフェインレスコーヒー)と比較すると美味しいです。

 

カフェインレスコーヒーはまずい?

正直、昔飲んだカフェインレスコーヒーは飲めたものではありませんでした。
風味やコーヒーの味自体が失われてしまっていたのです。

ところが、最近では二酸化炭素抽出などの新手法によるものなのか、カフェインレスコーヒーであってもほとんど普通のコーヒーと差を感じないようになってきました。

もちろん、「カフェインレス」と書かれているように、カフェインがゼロというわけではありませんが、カフェインの摂取はできるだけ控えたいけど、やっぱりコーヒーは飲みたい!という方にとっては選択肢の一つになるのではないかと思います。

カフェインレスコーヒー

液体二酸化炭素抽出法によりカフェイン残有料を0.1%以下に抑えたデカフェ(カフェインレスコーヒー)です。
従来のカフェインレスコーヒーよりも味わいも香りも良くなっています。
>>カフェインレスコーヒー


 

スポンサーリンク