コーヒーをより深く知りたい方のための情報サイト。飲み方から豆の選び方、おいしい淹れ方などを紹介します。

カフェロワイヤル

様々なコーヒーの種類、ここでは【カフェロワイヤル】について解説します!

カフェロワイヤル

カフェロワイヤルとは、ブランデーをしみこませた角砂糖に火をつけて溶かし、その後コーヒーに入れて飲むスタイルです。

ブランデーの香りと炎の演出を楽しむコーヒーの飲み方で、カクテルの1つとも数えられます。
ナポレオンが好んで飲んでいた事でも知られるカフェロワイヤル。 部屋を暗くして飲むと演出効果バツグン!



≪カフェロワイヤルの作り方≫

用意するもの
(1人分)
・濃いめのコーヒー 120cc
・ブランデー 少々(ティースプーン1杯程度)
・角砂糖 1個
・ロワイヤル・スプーン 先にひっかかり部分があるもの

【1】 あらかじめ温めておいたカップにコーヒーを注ぎます。同時にスプーンも温めておきます。温めておかないとブランデーの火が付きにくいです。

【2】 スプーンに角砂糖をのせ、ブランデーをスプーンからこぼれない程度にかけてしみこませます。直接ブランデーの瓶からかけようとすると大抵失敗することになりますので、少しずつかけられる容器に移すことをお勧めします。

【3】 角砂糖に火をつけます。ライターがお勧め。マッチは臭いが映るのでNG

【4】 角砂糖が9割ほど溶けたらカップに入れて、よくかき混ぜて出来上がり!

※多少のアルコールが残ります。

カフェロワイヤルについては、コーヒーカップに橋架けられるような専用のスプーンがあります(ロワイヤルスプーン)。もちろん、長めのスプーンでも可能です。

また、あがる炎は青白い色で部屋が明るいと見えにくいので、暗めの照明にして楽しむとムード感ばっちりのコーヒーとなります。ちなみに、ブランデーは高価なものである必要はありませんよ。


スポンサーリンク